All for Free

企業を退職しカート屋さんに…管理人の活動記録です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • 新年明けましておめでとうございます

本年もよろしくお願い致します。

何ヶ月ぶりだ!って感じですが、ちゃんと生きてます。
暫く書いていないうちに文章を書く力が衰えた気がします・・・。

今年は生活基盤が安定してきたので、多くのことを習慣にできたらいいなと思っています。
些細なことでも持続していくことで糧になっていくはずですよね。
そういう自分の糧になることを、日常生活の習慣に組み込みたい。
人間なにかしようと思っても、それをしっかり習慣づけないとなかなか続かないものです。

と、いうことでブログもちゃんと書きなさいってことですね。

もう一つ、同じ世界にいて毎日同じような生活をしていると、自分の世界が狭くなっていくような気がしました。
意識して様々な世界にアンテナを張り、視野を広くできるようにしていきたいと思います。

皆さんの笑顔が溢れる良い1年になりますように!
スポンサーサイト
  • 自信

毎度毎度、コラムか!って感じの記事ばっかり書いています。
今回もそんな内容です。

何においても自信を持つということは大切です。
でも時にはその自信が足かせとなって成長を止めてしまうこともあります。
逆に自信がなければ自分の存在が小さいもののように感じてしまい、委縮してしまうこともあるのではないでしょうか。
自信は持っていたい、でも謙虚さを忘れてはいけない。
この2つのことを両立するのはなかなか難しいと思います。

そもそもなぜ自信を持つと成長が止まることがあるのか。
それは今の自分のできること、能力に自信を持つからです。
現状の自分はこれだけのことができる、これだけの能力がある、というかたちで自信を持つと『自分はできる』のだから今のままでいい、という気持ちが生まれます。
すなわち成長意欲が薄れるわけであって、そうなると当然成長も止まります。

では自信を持たない方がいいのか、というとそれもそれで違っているような気がします。
自信がない、自分が何もできない、能力がない、と思ってしまうとそれだけで行動、言動が臆病になってしまいませんか?
自信を無くした時、自分の存在が急にちっぽけに感じて引っ込み思案になってしまったこと、ありませんか?

ではどうすればいいのか?
自信の持ち方を少し変えるのです。
今の自分がこれだけのことができる、ではなく、これだけのことができるようになった、という自信の持ち方に。
要するにできるという『事実』ではなく、できるようになったという『過程』に自信を持つのです。
自分の成長力、吸収力、努力、そういったものに自信を持てばいいのです。

誰でも最初はできないことが多く、慣れてくるとできることが多くなっていきます。
最初は自信が持てなくて、後になればなるほど自信がついて成長が止まる。
また新しいことを始めると自信がなくなる。その繰り返しでは心が忙しすぎます。
そうではなくて、自分の成長力に自信があれば「できないこともできるようになる、大丈夫」と思えます。

できないことなんて星の数ほどあります。
いちいち自分ができないことに打ちのめされる必要はない。
できないなら、できないことが嫌ならできるようになればいいだけです。
その成長方法は人それぞれ、そこの工夫の仕方が先日の記事『経験を積む』の内容になっています。
自分なりの『経験』の積み方を見つけ、それに自信をもてるといいですね!
  • たのしむ、ということ

主にカートの話になるのですが、、、
昨日も少しお話させていただきましたが、あらためてまとめておきたいなと思います。

自分の好きなことを一生懸命やるとき、
大してやりたくないことをイヤイヤやるとき、
どちらのほうがパフォーマンスが高いかは明らかですよね?

昨日はサーキット秋ヶ瀬のCAレース第2戦でした。
レースは人と競うものであり、順位がつきます。
順位がよければ嬉しいのは当然だし、悪ければ悔しいのも当然です。
普段の練習でタイムが出れば嬉しいのは当然だし、調子が悪ければなんだか憂鬱になってしまうのも当然です。
それは大前提での話ですが
もっと『できたこと』、『成長したこと』に目を向けてもいいのではないでしょうか。
『自分の強いところ』、『自分の優れたところ』に目を向けてもいいのではないでしょうか。

人間誰しも得意なことがあり、苦手なことも必ずあります。
レースは実際に戦うのは一人なので、その一人がなんでもこなせるマルチプレイヤーになる必要は確かにあります。
でも、全てのことで一番になろうとするのには無理があると思います。

レースひとつとってもそうです。
自分の得意なコーナー、苦手なコーナーがあると思います。
苦手なコーナーをある程度戦えるレベルまでもっていくことは必要ですが、得意なコーナーがあるならそこにさらに磨きをかけて抜群に速くしてしまうことも良いのではないでしょうか。
そしてその武器を使ってレースを組み立てることもできると思います。
最初から全てのコーナーが速く走れる人はいないはずです。
成長しながらキャリアを積んでいくわけですから、最初のうちは特にその武器をうまく使うことが重要ですよね!
長所を生かしてしっかりいつも上位に食い込みつつ、合間合間の練習で苦手を克服していく。
そうすることで結果を残しつつ更に成長できると思います。

そして表題の肝、たのしむ。
できないことだけに目を向けても正直凹みますし、どうにかしなければという焦りが生まれます。
できることにしっかり目を向けつつ、できないことを克服していく。
『自分はこれが苦手だ、これができない、、、なんとか直さなきゃ、、、』という心理状態よりも、『今回はこれができた!前より成長した!次はここが苦手だから克服しよう!そうしたらもっと前進できる!』という心理状態の方がモチベーションもあがりますよね?

日々をポジティブに、大切にするために、せっかくだから楽しくやりましょう!
そんなことを考えている、最近の私でした。
  • pray for Japan

お久しぶりです。前回の記事からかなり間が開いてしまいました。
その頃から比べて様々なことが変わりました。

2011年3月11日、私はサーキットにいました。
その時はそれほど大惨事だとは全く思っていませんでした。
しかし、水戸の市外へ向かう途中の被害、交通の混乱、度重なる余震を受け、だんだんと大惨事であるということを感じました。
何より、電気が通っていることの重要性を感じました。
普段当たり前に生活しているときにはあまり気にとめなかったことですが、実際電気が止まることのどれだけ不便で危険なことか!
インフラの存在は当たり前と思うのではなく、普段から感謝して無駄に浪費しないようにしなければ、と思いました。

震災後は津波、余震、原発問題等、物理的な被害に加え、経済的ダメージ、風評被害など、影響は想像以上に広がっています。
それぞれが厳しい状況下に置かれていることでしょう。
でも、そんな状況下だからこそせめて心だけは被災しないようにしたい。
個人レベルから国家レベルまで、今回の震災は大きなターニングポイントになるかもしれません。
現に諸外国では原発計画の見直し等、影響が出始めています。
壊れてしまったものは元には戻らない。
でもよりよいものにつくりかえることはできます。
あきらめてしまうのではなく、よりよいものができるよう頑張っていきましょう。


  • あけましておめでとうございます。

かなり久しぶりの投稿になってしまいました。
最近はこういうコミュニケーションツールというものが多く存在するので手一杯です。

さて、2011年に突入しました。皆様あけましておめでとうございます。
昨年は私にとって動きの大きな年でした。
学生、社会人、カート屋と、一年の間に多くのことを経験しました。
2011年は比較して目に見える動きの乏しい年になるのではないかと思います。
そんな年こそ、ひとところに留まる年こそ、意識して内面の動きをつくっていかなければいけないのかなと感じます。
同じ日常を毎日繰り返しているだけでは成長はありません。
だからといって環境ばかり変えていても限界は来ます。
一見毎日変わらない日常を過ごしていても、意識だけは変えることができます。
マンネリになるのではなく、常に新しい意識を持って2011年を過ごしていきたいと思っています。

更新は不定期ですが、今年もどうぞよろしくお願いいたします。


2011年 元日

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。