All for Free

企業を退職しカート屋さんに…管理人の活動記録です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • 【告知】就活支援

詳細な告知文ができたので載せておきます。


【限定】本気の就活を目指すあなたへ

■□■                         □
□■  本当の選択をするために、私たちができること  □■ 
■                         □■□

こんにちは。就職活動支援団体 I-Bridgeの松本と申します。
これから夏休み!大学生活はいかがお過ごしでしょうか?
そして、就職活動への準備は順調ですか?
10月から就職活動を始める人が多い中で2011年卒業予定の学生の50.3%が
まだ就職先が決まっていないそうです。

社会情勢によるところも大きいですが、人事での仕事を通して感じることがあります。
・就職活動に翻弄されている
・自分の特性や強みが理解できていない
・働く覚悟ができていない
など…つまり就職活動の事前準備が足りていないのです。

では、納得できる就職活動をするためにどのような準備が必要なのでしょうか?

ウェブや本に書かれていることではなく、
皆さん自身の「人生の軸」を見つけることが必要です。

そこで今回、真剣に将来を描いて、自分の人生を送りたい方に、
人事担当者が直接、「正しい」就職活動の準備方法をお伝えします。

以下、詳細になりますので興味のある方のみお読みください。

★゜・.。☆★゜・.。☆★゜・.。☆★゜・.。☆★゜・.。☆★゜・.。☆★゜・.。☆★゜・.。☆★゜・.。☆

◆活動内容
2012年卒業予定の方の就職活動支援
先輩の事例紹介、就活対策、自己分析など・・・
人事の目線から就職活動の現状説明や面接・グループワークのロープレなど
実践的な準備についてお伝えします。

◆実施期間
8月~10月(予定)
月2回×3ヶ月=合計6回
※隔週にて、土日の実施を予定しています
◆人数
一開催、最大30人まで(応募者多数の場合はその時点で締め切ります)
◆受講費用
2万円  
◆お申し込み方法
下記のアドレスにご連絡ください。shuukatsujyuku2012@gmail.com
タイトルは「【セミナー参加希望】名前」としてください。
説明会の案内も別途お送りします。
◆参加メリット
・単なる就職活動準備でなく、自分の人生の軸を見つけることができる
・同じ志をもった同期のつながりができる
・人事からのフィードバックを直接、受けることができる

◆主催者紹介
・松本 貴子
学生時代から「企画すること」「人に機会を提供すること」に興味を持ち、
就職活動支援団体での活動や女子大生による女子大生のためのキャリア予備校の運営にのめり込む。2007年、人材ベンチャーの株式会社ビー・スタイルに入社。
新卒採用プロジェクトリーダーとして採用に携わり、年間1,000名を越える学生と会い、10名の学生を採用。現在はコーディネーターとして主婦の雇用創造に勤しむ。
★゜・.。☆★゜・.。☆★゜・.。☆★゜・.。☆★゜・.。☆★゜・.。☆★゜・.。☆★゜・.。☆★゜・.。☆



スポンサーサイト
  • プロジェクト詳細

こんばんは。
確定ではありませんが、昨日掲載したプロジェクトの詳細を記載しておきます。

<目的>
・社会で活躍する人材の育成
・自己実現の場の提供
・出会い(つながり)

<事業概略>
■就活塾
 ・人事担当者から直接、就職活動や社会人に必要なスキル、知識を身につけてもらう。
 ・1クール3ヶ月、日曜日に隔週開催。1回3時間を予定。
 ・講座内容として
  >就職活動の現状
  >自己分析
  >GD、GW添削 等
■マッチングイベント
 ・5~10社ほどの企業人事と、当講座を受講した学生との交流イベント。
 ・こちらの詳細は未定。

----------------------------------------------------------------------

企画実行にあたって、パートナーとしていくつかの学生団体と接触を試みています。
その中で感じたのは、学生団体の活動の大きさ。
もはや企業としても成り立つのではないかと思えるほどの活動をしている団体もいくつかありました。そしてそういった団体に所属していない学生の中にも、他の活動で力を発揮している方も多いと思います。
こういった学生の方々と一緒に活動できたらとても楽しいだろうなと内心わくわくするとともに、私が何を伝えられるだろうということも考えさせられています。
そう考えながら思うことは、学生という立場での活動はやはり「おいしいところ」を味わっているのかなと。
私は学生団体に所属したことはなかったのですが、おそらく「自分たちでやる」と「企業でやる」というのは大きく異なるのではないかと思います。これは私が企業に就職して感じたことでもあります。
「就職活動は茶番である」という言葉を時々聞きます。事実である部分もあります。
これだけのことができる学生の皆さんが自分の力を発揮できない社会人生活を送るのは非常にもったいない。
自分が何をしたいのか、どうなりたいのか、ということを実現できる社会人になってほしいと思っています。
  • 就活支援プロジェクト

まだ企画している段階ですが、某企業の人事担当者と就活支援のプロジェクトを立ち上げる予定です。

現在の社会情勢として景気の底は脱したとの見方もありますが、急激な回復は望める状況ではなく段階的な改善もしくは現状がしばらく続くものと予想できます。

そんな中就職活動をする学生は、メディアなどを通して低い内定率を目の当たりにしており、不安を抱えている方も多いと思います。そんな不安も寄与し、内定を得ることを目的に就職活動を行い、その対策に重点をおく傾向があります。
しかしそれで本当に良いのでしょうか?内定を得ることが自分の人生にとって最も大切なことなのでしょうか?そうではないはずです。事実、結果として入社後のミスマッチやそれによる離職が増加しています。

企業にとってもこの不景気は風当たりが強く、特に直接利益を生みださない人事部もコスト削減を迫られていることと思われます。特に学生への認知度の低い企業、採用人数の少ない企業は入社後のミスマッチは致命的でしょう。

お互いにとってミスマッチは致命的なのです。ただお互いが思っていることを伝えればよいのです。だからこそ、スキルではなく想いやビジョンを大切にしてほしい。私たちがそのお手伝いをしたい。そんな想いを持って活動していきます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。