All for Free

企業を退職しカート屋さんに…管理人の活動記録です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • 式根島

またまた旅に出てきました。
今回は大学時代の友人とともに伊豆七島のひとつ、式根島に行ってきました。
式根島
式根島を選んだ理由は特にはなかったのですが「夏だし海がいいよね」という程度の理由で選びました。
結果として非常に良い選択だったのではないかなと思います。
滞在期間は1日だったのですが、ほぼ一日海の中にいました。
まず海がとても綺麗。水深が自分の身長くらいまであっても海底がくっきり見えます。
そしてそんな綺麗な海の中には魚がいっぱい!普通の海水浴に行く程度の装備でスキューバダイビングをしているような感覚を味わうことができました。

島全体がそうですが、時間がゆっくり流れて誰も急がず・・・
島では民宿に一泊お世話になりました。民宿のお母さんは気さくな方でした。
レンタサイクルのお店ではおじさんが”好きなの乗ってってー!”と。
お昼を食べたレストランでは、おそらく中学生くらいの娘さんがお手伝いでホールをやっていました。
・・・
この島に滞在している間は”客”として扱われている感じはしませんでした。
彼らは接客ではなく、普通の人として接していたんじゃないかなと思います。
決して都会の洗練された接客にある、丁寧さというのはないかもしれません。
でも、それでいいんじゃないでしょうか。
非常に丁寧だけれども心のない形式的なコミュニケーションより、一般的に言うマナーが全く成り立っていなくても心のある人間的なコミュニケーションのほうが好きです。
よく感じるのは仕事でもバイトでもどこへ行ってもまず”形”から入るということ。
そしてこの”形から入る”というのはこの国、この世間において多くの部分で見られると思っています。
形から入って後から意味づけする。今ある形に合わせて心を納得させる。
それは場合によっては自分をだましながら言い聞かせることになるかもしれない。

自分に嘘はつきたくないものです。
スポンサーサイト
  • 兵庫、竹田城へ

何もしないでダラダラするのはいやだ。
時間があるなら行きたいところに行こう。

そう思い立って、17日~19日の日程でまずは兵庫県の竹田城を目指して旅をしてきました。
でも普通に旅行するんじゃ楽しくない。
青春18切符で東京~兵庫間を鈍行で旅しました。
9時に自宅を出発し、延々と東海道線を使い、乗換えを繰り返し…目的の山陰本線和田山駅に着いたのは22時50分でした。
当初は伊丹のネットカフェに宿泊する予定でした。
しかし偶然にもヒッチハイクで日本一周中の後輩が前日に和田山を通りかかり、ヒッチハイクで乗せていただいた方のお宅に泊めていただいていました。
そこで後輩にその方を紹介していただき、17日は泊めていただけることになりました。
その方は水泳の指導をしている方で、短い時間でしたが色々な話をさせていただきました。
目的の竹田城はどうやら秋~春にかけて雲海が見られるようで、「その頃に後輩と2人でまた泊まりに来なよ」と言ってくれました。
普通の生活をしている上ではなかなかない、こういうイレギュラーな出会いが新鮮で楽しかったです。
今後もこういう出会いが多くなるように願っています。

さて、本題。
まず18日早朝に竹田城に向かいました。
朝の竹田城は想像以上の壮大さでした。
竹田城
竹田城は”天空の城”や”日本のマチュピチュ”とも呼ばれています。
城郭は残ってはいません。城というより遺跡と言った方が近いです。

早朝ということもあり、他に人はいませんでした。
静かな空間、太陽に近い場所、雲の上、
もう少し涼しい時期なら一日ボーっと考えごとをしていたいような場所でした。
今回の旅で実感したのは、日本が好きなんだなということ。
独特の歴史を持ち、魅力的な土地があり、神秘的な痕跡が多く残る国。

ちなみに今回はそのほかに
・天橋立
・清水寺
に行ってきましたが、そちらは本来の目的ではなくついでで言ったので詳細は省きます。
旅の予定や道中の細かい出来事などはツイッターで随時アップしているのでそちらもご覧ください。
今回の旅の写真もツイッターでアップしています。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。