All for Free

企業を退職しカート屋さんに…管理人の活動記録です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • タイヤテストin茂原

7月の27、28日と千葉県の茂原ツインサーキットで行われたダンロップのタイヤテストのサポートに行ってきました。
DUNLOP

タイヤテストとは、全日本選手権SuperKFクラスで使用するタイヤの開発の一環で、実際レースが行われるコースで試験走行を行うものです。
タイヤメーカーがコースを貸しきってテストを行うのですが、そこに同じメーカーのタイヤを使用している選手が呼ばれて練習走行をさせてもらえるのです。
ガレージCからは地方選手権に参戦している4名が参加しました。


貸切でタイヤテストをするのになぜわざわざ一般のカートも呼んで走行させるのか?疑問に思う方も多いと思います。
答えを先に書いてしまうと、路面の掃除をさせる、路面をつくる役目をしてもらうために一般のカートを走らせているのです。
多くのカートが走れば走るほどレーシングライン上は埃やごみがなくなってキレイになっていきます。そしてライン上にタイヤのゴムがのって”路面ができている”状態になります。
レースの週末は参戦するカートが練習に来るので決勝日には路面はかなりゴムが乗ります。
その状況で性能を発揮できるタイヤを開発しなければ意味がないわけです。
路面ができている状態に近づけるために一般のカートに走ってもらってゴムを乗せるのです。

F1などでも路面とタイヤの関係はよく解説でも話していたりします。
F1ではレースの週の金曜日から練習走行が始まります。練習走行は全部で3セッション有り、金曜日に2セッション、土曜日に1セッションと予選、日曜日に決勝が行われます。
練習走行のタイムを見ると金曜日の1回目のセッションと土曜日の3回目のセッションではまるでタイムが変わっています。
これは路面がどんどんきれいになってゴムが乗っていることの証明でもあります。

ちなみにカートではゴムが乗ってくると逆にタイムは落ちてきます。
ゴムの上ではカートのタイヤはヌルヌルとすべる感じになってしまい、適切なグリップを発揮できません。
この状態のことをよく”路面が重い”と言います。
路面が重い状態でも速く走れるドライバーがレースでも強いドライバーです。
地方選手権も含め、選手権に参戦した初年度はたいていこの重い路面に苦しめられます。
重い路面の攻略こそカートでステップアップしていくための肝だと思います。

話は変わりますがこのタイヤテスト、メーカーがコースを貸切にしている中で走らせてもらうことになります。したがって要は間借りしているような状態なわけです。
メーカーはタイヤのテストがしたいわけですから、もちろんテストドライバーの走行は邪魔されたくありません。
せっかく呼んでもらって、ある程度路面ができる状況下で走らせてもらえるわけですから、我々としても貴重な機会であることは言うまでもありません。
ドライバーとして速く走ることも大切ですが、常々思うのはそういうことまで頭を回せる人間が強いのだろうなと感じます。
確かにタイヤテストという機会を最大限利用することは必要ですが、それによってタイヤメーカーからの評価を落としていては本末転倒なのではないかと。
自分がどこに向かいたいのか、そのためには何が必要なのかということを常に意識して欲しいものです。
スポンサーサイト
  • HDX in SUGO

23、24日と仙台にあるスポーツランドSUGOに行ってきました。
今回はHand Drive Xross、通称HDXの運営サポートでした。
同じ日にSuperGTも開催されており、本コースではGTの車も走っていました。
SUGOGT
このGTカー、うるさいのなんの…。走り出したらパドックではまともに会話できません。参っちゃうね…。
と、余談はこのくらいにして、本題です。
まずHDXとは何か?というところから。
名前の通り、全ての操作を手を使って行うカートのことです。
足を使わずに走ることができるので、主に車椅子の方が多く乗られています。
ちなみにこれ、普通の方でも出場できます。もちろん操作は全て手ですが。
通常のカートレースはカート専用のサーキットで行われますが、このHDXは車も走る本コースでレースが行われます。
SUGOHDX

今回のSUGOを含め、茂木、筑波、岡山、富士などで開催されています。
4輪用の広いコースで走るため、最高速度は120kmオーバーとも言われます。
ちなみにエンジンはYAMAHAのKT100SEC、普通のカートレースで使われている汎用エンジンとほとんど同じです。

このHDXですが、エンジンのデリバリーや運営の一部をガレージCで受け持っています。
今回はそのサポートでしたが、このイベントは段取り八分というか、当日はそれほど仕事がありませんでした。
準備段階でエンジンやクラッチの清掃、調整をする方に時間がかかるイベントでした。
更に土曜日に予選、決勝全てのセッションが終了します。
SuperGTの併催イベントになっているので、気軽に参加できてGTの観戦もできます。
サポートに行ったんだか、GTを見に行ったんだか…。

ちなみに来場者の半分近くはレースクイーン目当てでしたとさ。

  • 【告知】就活支援

詳細な告知文ができたので載せておきます。


【限定】本気の就活を目指すあなたへ

■□■                         □
□■  本当の選択をするために、私たちができること  □■ 
■                         □■□

こんにちは。就職活動支援団体 I-Bridgeの松本と申します。
これから夏休み!大学生活はいかがお過ごしでしょうか?
そして、就職活動への準備は順調ですか?
10月から就職活動を始める人が多い中で2011年卒業予定の学生の50.3%が
まだ就職先が決まっていないそうです。

社会情勢によるところも大きいですが、人事での仕事を通して感じることがあります。
・就職活動に翻弄されている
・自分の特性や強みが理解できていない
・働く覚悟ができていない
など…つまり就職活動の事前準備が足りていないのです。

では、納得できる就職活動をするためにどのような準備が必要なのでしょうか?

ウェブや本に書かれていることではなく、
皆さん自身の「人生の軸」を見つけることが必要です。

そこで今回、真剣に将来を描いて、自分の人生を送りたい方に、
人事担当者が直接、「正しい」就職活動の準備方法をお伝えします。

以下、詳細になりますので興味のある方のみお読みください。

★゜・.。☆★゜・.。☆★゜・.。☆★゜・.。☆★゜・.。☆★゜・.。☆★゜・.。☆★゜・.。☆★゜・.。☆

◆活動内容
2012年卒業予定の方の就職活動支援
先輩の事例紹介、就活対策、自己分析など・・・
人事の目線から就職活動の現状説明や面接・グループワークのロープレなど
実践的な準備についてお伝えします。

◆実施期間
8月~10月(予定)
月2回×3ヶ月=合計6回
※隔週にて、土日の実施を予定しています
◆人数
一開催、最大30人まで(応募者多数の場合はその時点で締め切ります)
◆受講費用
2万円  
◆お申し込み方法
下記のアドレスにご連絡ください。shuukatsujyuku2012@gmail.com
タイトルは「【セミナー参加希望】名前」としてください。
説明会の案内も別途お送りします。
◆参加メリット
・単なる就職活動準備でなく、自分の人生の軸を見つけることができる
・同じ志をもった同期のつながりができる
・人事からのフィードバックを直接、受けることができる

◆主催者紹介
・松本 貴子
学生時代から「企画すること」「人に機会を提供すること」に興味を持ち、
就職活動支援団体での活動や女子大生による女子大生のためのキャリア予備校の運営にのめり込む。2007年、人材ベンチャーの株式会社ビー・スタイルに入社。
新卒採用プロジェクトリーダーとして採用に携わり、年間1,000名を越える学生と会い、10名の学生を採用。現在はコーディネーターとして主婦の雇用創造に勤しむ。
★゜・.。☆★゜・.。☆★゜・.。☆★゜・.。☆★゜・.。☆★゜・.。☆★゜・.。☆★゜・.。☆★゜・.。☆



  • 共感

先日のこと、これからルームシェアをする後輩がうちに泊まりにきました。
彼は私の大学時代のバイト先の後輩であり、いわゆるフリーターです。

そんな彼とこれからやりたいこと、すべきこと、何を考えているのか、というようなことを夜中まで話しました。
そのうち本人がブログをつくって詳しく書くと思うので詳細は割愛しますが、要はお金と社会について子供たちに知ってほしいというのが彼のビジョンであり、そのための塾をつくりたいということでした。

私は子供の頃には知識ではなく知恵を身につけてほしいと思っています。
私の中の定義ではこの二つの違いは、例えば計算問題に例えると

知識:公式を覚えていてそれにあてはめて問題を解くことができる。
知恵:その問題の意味がわかり、頭をつかって解くことができる。

ちょっとわかりにくい例えですが、知恵は応用がきくということです。
過去に家庭教師をやっていたことがあるのですが、家庭教師のやり方には大きくわけて2通りあるということを感じました。
ひとつは目先のテスト、受験に向けて点数をとることを目的にひたすら解き方を頭に詰め込むという方法。
もうひとつはもっと先、将来や人生のために頭を使える人間になるために解き方や意味を考えさせる方法。
一般的には前者の方が好まれる傾向のようです。当然目に見えて成績が上がりますから。
後者はうまくはまれば結果が出ますが時間がかかりますし結果が出る保障はありません。
もうおわかりかと思いますが私はずっと後者の考えを持ってやってきました。

そういう知恵をつけてもらうために、頭でっかちにならないために私は机の上の勉強ではなく実習形式の学校のようなものをつくりたいと思っています。
自然に触れたり、手を動かしたり、汗をかいたり…。

そういう意味で最初に紹介した後輩とは全く違うことをやりたいと思っているようにも感じられます。
しかし、大きく捉えれば「人生のために」という目的は同じなのです。

一見違う考えを持った人や、自分と意見の違う人というのはたくさんいます。
しかし結果として異なる答えが出ているだけで、根本にあるビジョンは同じなのかもしれません。同じでなくても共感できることもあるかもしれません。
結果が異なってくるのは人生で経験してきたことや感じてきた感情が違うから。

では何故「違う」「理解できない」と勘違いしてしまうのでしょうか。
私は、言葉というものが意図的につくりだせるものだからだと思います。
人は言葉というコミュニケーションツールを持っているからこそコミュニケーションが難しいのかもしれませんね。
  • DESIGN for LEFTY

design for lefty
世田谷区の三軒茶屋にある生活工房で開催されている『DESIGN for LEFTY』に行ってきました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
右を見ても左を見ても、現代はまさに右利き社会。
礼儀作法では「左は行儀が悪い」と言われ、日常生活では「不器用」の烙印を押されたりと何かと損をする左利き。右利き用製品に囲まれた左利きの人々は、日常のなにげない動作にストレスを感じる「もっとも身近なマイノリティ」かもしれません。また、年齢・性別・身体的特徴に関わりなく、誰にでも使いやすい道具や社会環境を生み出そうというユニバーサルデザインのコンセプトには、左利きにも使いやすくあるべきだという考えが含まれていると言えます。右利きでも左利きでも使えるように、そして小さな子どもや高齢者に使いやすいように、デザインで解決することは出来ないものでしょうか。
「DESIGN for LEFTY」展では、若手デザイン集団delibab(デーリバーブ)とともに、利き手をとりまく疑問点を洗い出し、デザインによる解決策を探ります。本展を通して、左利きの人は自分自身を、右利きの人は周囲の左利きの人への理解を深めるきっかけを本当の「利き手」でつかんでください。

「DESIGN for LEFTY」チラシより抜粋
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「左利きというのはもっとも身近なマイノリティである」
自動改札であったり、スープのレードルであったり、急須であったり…
気付かない中にも右利き用につくられている製品が多く存在します。

こういう「機能のためのデザイン」っていいですよね。
「アートとしてのデザイン」はアートであって、芸術家の分野だと思います。
しかし「機能のためのデザイン」は簡単なアイデアや日常の些細なストレスから生まれるのです。
そういう意味で「機能のためのデザイン」は誰にでもできるのです。
この「DESIGN for LEFTY」もそんな企画ではないでしょうか。
そんな身近さが私は好きです。





  • Pizza!

先日のこと、お手伝いしているカート屋、ガレージCの仕事が終わり23時30分過ぎに帰宅。
さすがにその時間から料理をつくる気にはなれなかったので、丁度ピザが食べたかったこともあり宅配ピザを頼むことにしました。
最近はネットで注文できるんだなーとか思いつつメニューを選び、店舗を探していざ注文!
……
選んでいるうちに受付時間が終了…orz

と、そんないきさつもあり今日はピザをつくることにしました。
まずは生地づくり。
強力粉 + 薄力粉 + 砂糖 + 塩 + ベーキングパウダー
を混ぜて、そこに
ぬるま湯 + オリーブオイル
を加えて練る!
その後暖かいところで醗酵。

写真をとればよかった!だいぶ膨らんでボウルからあふれそうになりましたw
あとは形を整えてピザ生地の形にするだけ。
これで生地は完成。

生地ができたところで具とソースを調達。
HEINZのトマトケチャップとか買ってしまいました。完全にイメージで。うまそう。
ケチャップ塗って、トマト、ピーマン、ベーコン、マッシュルーム乗せて、チーズ乗せて、ブラックペッパーとオリーブオイルかけて、焼く!

はい、完成したあとの写真!
ピザ

パンみたいな生地になってておいしかったです。


時間があるとこういうことができるからいい。
「”食”って自分の身体をつくるもの。生きるために仕事をしているはずなのに、仕事が理由で食を疎かにするのは本末転倒だ。」
友人の言葉です。確かにその通りだと感じました。

…とか言いながら宅配ピザ頼もうとしてた私はヘタレですw
私は単純に食べることが好きだし、料理をするという行為も好きです。
”食”を専門にしている方や私よりもっと興味を持っている方は多くいると思うし、そういう方々に比べれば私の意識は趣味程度です。
ただ、せっかくの”食”を疎かにしてほしくないのです。
食事をおいしく食べてほしい。それだけのこと。
食べるという行為は少なからず命を食べているのだから。
  • ガレージC

先日記載したプロジェクトですが、まだまだビジネスパートナーを募集しています。
少しでも興味がありましたら団体、個人問わず一度お問い合わせください。
ちなみに私はいわゆる営業をするつもりはありません。興味がないなら興味がないで結構です。
ただ、私の呼びかけに反応して、もしくは偶然にでもこのホームページを訪れこの記事を読んでいるという事実が既に奇跡的なのかなとも思っています。
その偶然を偶然で終わらせるのではなくそこで何か少しでもつながりを持てれば、と考えています。
だからきっかけがこのプロジェクトであっても、実際話したり関わったりする内容が全く別のことでも良いのです。
私自身の目的は「ビジネスパートナーを得る」ことではないのです。


-------------------------------------------------------------------

さて、話が脱線しましたが今回は私がお手伝いしているレーシングカートショップのお話です。
リンクもはってありますが、ガレージCは埼玉県の志木にあります。
東武東上線の志木駅からバスで15分ほどのところにあり、近くにはホームコースであるサーキット秋ヶ瀬があります。
ガレージC
お気づきの方もいるかと思いますが、お店の前に並んでいるのがカートです。

昨日は午前中は納車予定の中古カートの整備、午後はサーキット秋ヶ瀬に赴きチーム員の練習のサポート(コースサービス)をしていました。
中古カートの整備というのはレストアのようなものです。不備がある部品のスペアを探してきて組み替えたり、単純に掃除をしたり、という感じです。
午後はコースサービス、チーム員の方の練習のサポートです。カートはカートスタンドというものに乗せて運びますのでその上げ下ろしや、コース上でストップしてしまった方のヘルプ、はたまたトラブルが出てしまったカートの修理などをします。
…なんとなくイメージできたでしょうか?できないですよね…。
まずそもそもカートがどのようなものかということからイメージしにくいと思います。
そんな方にはこちら、
レーシングカートWEB
全日本選手権等のレース動画が見られます。ちなみに全日本選手権は国内のカートレースの最高峰です。
最高峰ですのである意味一番激しい戦いが見られるとも言えます。
最初は少し刺激が強いかもしれません…。
レンタルカートに乗ったことのあるかたもいるかもしれません。
その中で物足りないなと感じている方もいるのではないでしょうか?
やはり一般のレンタルカートとレーシングカートではスピードレンジが格段に違います。
レーシングカートに乗ってみたい!でもマイカートを購入するのは少し気が引ける…。
そんな方は”レンタルレーシングカート”で気軽にレーシングカートを体験してみませんか?
ガレージCではレンタルレーシングカートを実施しています。
基本的にはサーキット秋ヶ瀬の走行日であればいつでもレンタルできます。
お気軽にお問い合わせください!レーシングカートの世界を覗いてみましょう!
  • プロジェクト詳細

こんばんは。
確定ではありませんが、昨日掲載したプロジェクトの詳細を記載しておきます。

<目的>
・社会で活躍する人材の育成
・自己実現の場の提供
・出会い(つながり)

<事業概略>
■就活塾
 ・人事担当者から直接、就職活動や社会人に必要なスキル、知識を身につけてもらう。
 ・1クール3ヶ月、日曜日に隔週開催。1回3時間を予定。
 ・講座内容として
  >就職活動の現状
  >自己分析
  >GD、GW添削 等
■マッチングイベント
 ・5~10社ほどの企業人事と、当講座を受講した学生との交流イベント。
 ・こちらの詳細は未定。

----------------------------------------------------------------------

企画実行にあたって、パートナーとしていくつかの学生団体と接触を試みています。
その中で感じたのは、学生団体の活動の大きさ。
もはや企業としても成り立つのではないかと思えるほどの活動をしている団体もいくつかありました。そしてそういった団体に所属していない学生の中にも、他の活動で力を発揮している方も多いと思います。
こういった学生の方々と一緒に活動できたらとても楽しいだろうなと内心わくわくするとともに、私が何を伝えられるだろうということも考えさせられています。
そう考えながら思うことは、学生という立場での活動はやはり「おいしいところ」を味わっているのかなと。
私は学生団体に所属したことはなかったのですが、おそらく「自分たちでやる」と「企業でやる」というのは大きく異なるのではないかと思います。これは私が企業に就職して感じたことでもあります。
「就職活動は茶番である」という言葉を時々聞きます。事実である部分もあります。
これだけのことができる学生の皆さんが自分の力を発揮できない社会人生活を送るのは非常にもったいない。
自分が何をしたいのか、どうなりたいのか、ということを実現できる社会人になってほしいと思っています。
  • 就活支援プロジェクト

まだ企画している段階ですが、某企業の人事担当者と就活支援のプロジェクトを立ち上げる予定です。

現在の社会情勢として景気の底は脱したとの見方もありますが、急激な回復は望める状況ではなく段階的な改善もしくは現状がしばらく続くものと予想できます。

そんな中就職活動をする学生は、メディアなどを通して低い内定率を目の当たりにしており、不安を抱えている方も多いと思います。そんな不安も寄与し、内定を得ることを目的に就職活動を行い、その対策に重点をおく傾向があります。
しかしそれで本当に良いのでしょうか?内定を得ることが自分の人生にとって最も大切なことなのでしょうか?そうではないはずです。事実、結果として入社後のミスマッチやそれによる離職が増加しています。

企業にとってもこの不景気は風当たりが強く、特に直接利益を生みださない人事部もコスト削減を迫られていることと思われます。特に学生への認知度の低い企業、採用人数の少ない企業は入社後のミスマッチは致命的でしょう。

お互いにとってミスマッチは致命的なのです。ただお互いが思っていることを伝えればよいのです。だからこそ、スキルではなく想いやビジョンを大切にしてほしい。私たちがそのお手伝いをしたい。そんな想いを持って活動していきます。
  • 問い合わせ




  • リンク

ガレージC
管理人の所属するカートショップのHP。


ヒッチハイク日和

キッチンのバイトで出会った後輩のブログ。ヒッチハイクで北海道まで行ったり、野宿してみたり、変わった旅をしている人です。

ハート&カラー
幼少期に長い期間こちらの「子どものアトリエ」にお世話になりました。ここでの経験が私の土台をつくる大きな要素になっています。

key Project
3ヶ月入社した会社の同期だった人のHP。ちなみにこの人も私より少し前に退職。「笑顔」と「料理」をキーワードに世界を駆け回る自由人です。

三本脚の蛙ファンド 運用レポート
キッチンのバイトで出会った後輩のブログ。現在ルームメイトとして同居中。投資や金融の勉強を独学で進める努力家。”三本脚の蛙ファンド 運用レポート”は主に投資の記録をかねたブログのようです。

  • プロフィール

<名前>
東 英介
higashi eisuke

<性別>


<生年月日>
1987年5月

<現住所>
東京都

<出身>
静岡県

<略歴>
静岡県で生まれる。
小学生の時から学校の関係で鎌倉に住み始める。
中学卒業後、大学付属の私立高校に進学。
そのまま大学へ進学。
4年間経済を勉強した後、一般企業に就職。
就職後、現代の社会システムに疑問を感じ3ヶ月で退職。
現在はレーシングカートショップ『ガレージC』にてメカニック兼インストラクターとして働いている。

<趣味>
レーシングカート
高校2年生の時、友人の誘いを受け埼玉県にあるガレージCで活動を始める。ホームコースはサーキット秋ヶ瀬
2005年から本格的にレースに参戦するようになる。サーキット秋ヶ瀬を中心に2005年、2006年はSクラス、2007年はSSクラスに参戦。ここまで通算3勝。2006年全国大会2位。
2008年はJAF地方カート選手権東地域に参戦。茂原ツインサーキットにてタイムトライアル3位を記録。
2009年以降は各レースにスポット参戦しながら、ガレージCにてメカニックとして主に全日本選手権に帯同。
2010年現在、同チームにてコースサービス、レースサポート等を行っている。


自転車
東京都への引越しと同時に、移動手段として購入を検討し情報収集する中でクロスバイクの存在と出会い購入を決意する。愛車はBianchi RomaⅡ。ゆくゆくはロードバイクが欲しい…。

<好きなもの>
料理
大学時代のアルバイトでレストランのキッチンをやっていた経験から。ビュッフェ形式のレストランだったため、一回に作る量がハンパではない。カレーとか風呂釜みたいな鍋で仕込む。ただ閑散期はやることが本当になくなるため、途中から中華鍋で食材を焼くのではなく、中華鍋を焼くことが仕事になる。(中華鍋は焼いて汚れやすすを落とします)3年近く在籍したが、ここで出会った仲間は様々な刺激をくれた。現在ルームシェアしているルームメイトもここで出会った後輩。

演劇
高校時代に演劇部に所属していた影響。もともと全く興味のない分野だったのだが、これも友人に引き込まれそのままずるずると在籍。主に役者ではなく大道具として活動。舞台装置の企画、設計、製作を行っていた。公演準備期間中は高校生の私にとっては地獄のような日々だったが、それでも千秋楽を終えたときの達成感はなかなか味わえるものではなかった。この時に任される責任と大変さを知り、同時にそのプレッシャーが自分のパフォーマンスを上げるということに気付いた。

デザイン
大学のとある授業で工業デザイナーの存在を知り憧れた。”デザイン”という言葉からにじみ出るスタイリッシュさというか、そういうものに惹かれていたのだと思う。具体的に何か自分で創作活動を行っているわけではないが、自分で使うものに対して少し工作をしてみたり、ということはよく行っている。演劇の活動中に大道具の設計、製作を行っていたことも関係しているのかも。何かものを作るのは好き。カートで使うヘルメットや車に貼るステッカーも、市販のカッティングシートを使って作っていた。

フィンランド
言わずと知れたデザイン大国。大学卒業前に人生初海外旅行として一週間ほど単身滞在。英語もフィンランド語もほとんどできなかったので、電子辞書とか活用しながら何とか生活。しかし、言葉があまりわからない中でも彼らの国民性、国の雰囲気がなんとも言えない魅力を放っていた。必要以上に馴れ合ったり群れたりしない。でも無愛想というわけではなく、むしろとても親切。
また、国として人を信頼する姿勢が現れているようにも思えた。トラムという路面電車のようなものは勝手に乗り降りできるし、地下鉄の改札もしようと思えば素通りできる。それでも成り立っているのはフィンランド人の心に余裕があるからだろうか。私の見た限りではあきらかにイライラしている人はいなかった。こんな国に住めたらどれだけいいことか…まずは言葉を覚えないとね。


  • はじめに

All for Freeへようこそ!
このブログは企業という枠を抜け出して生きていく決断をした管理人の活動記録です。

ブログ名の由来ですが、
フリーランスという生き方から
私自身の「お金」というものに対する考え方から
の2点があげられます。
①に関しては説明不要かと思いますが、②については詳しく説明したいと思います。

そもそもこの世界に「お金」というものは必要なのでしょうか?
確かに何をするにもお金は必要です。遊ぶにしても、ビジネスをするにしても、どこにでもお金はついてきます。
しかし、近年あまりにもそれが目的化していないだろうか、という疑問を抱くのです。
お金というのは本来何かをするための手段であるべきではないでしょうか?
手段が目的化してしまい、もともとの目的を見失っているのではないでしょうか?
きれいごとかもしれません。しかしながらこのようなことをきれいごとにしているのは、まぎれもなく「お金」なのです。

ただ、現代社会においてお金を一気に抜き去るということはさすがにできかねると思います。
そしてそうすることが必ずしも正しいとは言えません。
問題は「お金」そのものにあるのではなく、それに対する人々の意識なのですから。

私は
”All for Free”どんな利害関係もない自由な立場で
”All for Free”金銭のやりとりなしでもやりたいと思う活動をしていきます。
目的を持って…


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。