All for Free

企業を退職しカート屋さんに…管理人の活動記録です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • CAカートレース第5戦

9月19日、サーキット秋ヶ瀬にてCAカートレース第5戦が開催されました。
今回のレースでは今までなかなか調子の上がらなかった方が活躍し、これまで上位を走ってきた方が少し苦戦するレースだったように感じます。

調子が良い、とは何をもって調子が良いと言うのでしょうか。
一周のタイムが速い、安定して走れる、集団の前に出られる等、様々なことがあげられると思います。
そこに自分が一番大切にしていることが現れてくるのではないでしょうか。
私の知る限りではほぼ全ての方が一周のタイムが速いことを調子が良い、悪いの判断基準にしていると思います。
別に間違っているとは思いませんし、良い判断基準だとも思います。
しかしレースでタイムを競うのはタイムトライアルだけです。
レースで勝つために、ひとつでも前に出るために何を重視したらよいか、そこまで考えて練習ができると強くなりそうですね。

もうひとつ最近思ったのは、コースによって車のセッティングも異なるし走りも異なるのだから、ひとつのコースの中にもそれぞれのコーナーやセクションにあったセッティング、ドライビングがあるのではないかということ。
更に言えばコンディションが変わるだけでドライビングやセッティングは変わってきます。
速くなるためには、強くなるためには走りやセットの引き出しをより多く持っていて、それを感覚と同期できていることが大切なのではないでしょうか。

今回のレースでは、レース後にチーム員、スタッフ、関係者でBBQを行いました。
毎度のことですが、ガレージCというチームは常にチーム員の方々に支えられて成り立っています。
この場を借りてお礼申し上げます。いつもありがとうございます。
…あんまり見てないかもしれないですけどねw

チームとしての一体感というのもとても大切だしガレージCの強みでもあると思います。
いろんな情報がどんどん共有されていくことで、全員のレベルが上がっているのではないでしょうか。
そしていつも新しい情報があることで、カートに乗ることがマンネリ化しないのだと感じます。
上に上っていく人間は人より知識があるから上に上っていけるのではない、その知識やノウハウを自分のものにしているから速いし強いのです。
”知っている”ことを強みにするのではなく、”できる”ことを強みにしたいものです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。