All for Free

企業を退職しカート屋さんに…管理人の活動記録です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • 自信

毎度毎度、コラムか!って感じの記事ばっかり書いています。
今回もそんな内容です。

何においても自信を持つということは大切です。
でも時にはその自信が足かせとなって成長を止めてしまうこともあります。
逆に自信がなければ自分の存在が小さいもののように感じてしまい、委縮してしまうこともあるのではないでしょうか。
自信は持っていたい、でも謙虚さを忘れてはいけない。
この2つのことを両立するのはなかなか難しいと思います。

そもそもなぜ自信を持つと成長が止まることがあるのか。
それは今の自分のできること、能力に自信を持つからです。
現状の自分はこれだけのことができる、これだけの能力がある、というかたちで自信を持つと『自分はできる』のだから今のままでいい、という気持ちが生まれます。
すなわち成長意欲が薄れるわけであって、そうなると当然成長も止まります。

では自信を持たない方がいいのか、というとそれもそれで違っているような気がします。
自信がない、自分が何もできない、能力がない、と思ってしまうとそれだけで行動、言動が臆病になってしまいませんか?
自信を無くした時、自分の存在が急にちっぽけに感じて引っ込み思案になってしまったこと、ありませんか?

ではどうすればいいのか?
自信の持ち方を少し変えるのです。
今の自分がこれだけのことができる、ではなく、これだけのことができるようになった、という自信の持ち方に。
要するにできるという『事実』ではなく、できるようになったという『過程』に自信を持つのです。
自分の成長力、吸収力、努力、そういったものに自信を持てばいいのです。

誰でも最初はできないことが多く、慣れてくるとできることが多くなっていきます。
最初は自信が持てなくて、後になればなるほど自信がついて成長が止まる。
また新しいことを始めると自信がなくなる。その繰り返しでは心が忙しすぎます。
そうではなくて、自分の成長力に自信があれば「できないこともできるようになる、大丈夫」と思えます。

できないことなんて星の数ほどあります。
いちいち自分ができないことに打ちのめされる必要はない。
できないなら、できないことが嫌ならできるようになればいいだけです。
その成長方法は人それぞれ、そこの工夫の仕方が先日の記事『経験を積む』の内容になっています。
自分なりの『経験』の積み方を見つけ、それに自信をもてるといいですね!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。