All for Free

企業を退職しカート屋さんに…管理人の活動記録です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • 共感

先日のこと、これからルームシェアをする後輩がうちに泊まりにきました。
彼は私の大学時代のバイト先の後輩であり、いわゆるフリーターです。

そんな彼とこれからやりたいこと、すべきこと、何を考えているのか、というようなことを夜中まで話しました。
そのうち本人がブログをつくって詳しく書くと思うので詳細は割愛しますが、要はお金と社会について子供たちに知ってほしいというのが彼のビジョンであり、そのための塾をつくりたいということでした。

私は子供の頃には知識ではなく知恵を身につけてほしいと思っています。
私の中の定義ではこの二つの違いは、例えば計算問題に例えると

知識:公式を覚えていてそれにあてはめて問題を解くことができる。
知恵:その問題の意味がわかり、頭をつかって解くことができる。

ちょっとわかりにくい例えですが、知恵は応用がきくということです。
過去に家庭教師をやっていたことがあるのですが、家庭教師のやり方には大きくわけて2通りあるということを感じました。
ひとつは目先のテスト、受験に向けて点数をとることを目的にひたすら解き方を頭に詰め込むという方法。
もうひとつはもっと先、将来や人生のために頭を使える人間になるために解き方や意味を考えさせる方法。
一般的には前者の方が好まれる傾向のようです。当然目に見えて成績が上がりますから。
後者はうまくはまれば結果が出ますが時間がかかりますし結果が出る保障はありません。
もうおわかりかと思いますが私はずっと後者の考えを持ってやってきました。

そういう知恵をつけてもらうために、頭でっかちにならないために私は机の上の勉強ではなく実習形式の学校のようなものをつくりたいと思っています。
自然に触れたり、手を動かしたり、汗をかいたり…。

そういう意味で最初に紹介した後輩とは全く違うことをやりたいと思っているようにも感じられます。
しかし、大きく捉えれば「人生のために」という目的は同じなのです。

一見違う考えを持った人や、自分と意見の違う人というのはたくさんいます。
しかし結果として異なる答えが出ているだけで、根本にあるビジョンは同じなのかもしれません。同じでなくても共感できることもあるかもしれません。
結果が異なってくるのは人生で経験してきたことや感じてきた感情が違うから。

では何故「違う」「理解できない」と勘違いしてしまうのでしょうか。
私は、言葉というものが意図的につくりだせるものだからだと思います。
人は言葉というコミュニケーションツールを持っているからこそコミュニケーションが難しいのかもしれませんね。
  • 問い合わせ




  • リンク

ガレージC
管理人の所属するカートショップのHP。


ヒッチハイク日和

キッチンのバイトで出会った後輩のブログ。ヒッチハイクで北海道まで行ったり、野宿してみたり、変わった旅をしている人です。

ハート&カラー
幼少期に長い期間こちらの「子どものアトリエ」にお世話になりました。ここでの経験が私の土台をつくる大きな要素になっています。

key Project
3ヶ月入社した会社の同期だった人のHP。ちなみにこの人も私より少し前に退職。「笑顔」と「料理」をキーワードに世界を駆け回る自由人です。

三本脚の蛙ファンド 運用レポート
キッチンのバイトで出会った後輩のブログ。現在ルームメイトとして同居中。投資や金融の勉強を独学で進める努力家。”三本脚の蛙ファンド 運用レポート”は主に投資の記録をかねたブログのようです。

  • プロフィール

<名前>
東 英介
higashi eisuke

<性別>


<生年月日>
1987年5月

<現住所>
東京都

<出身>
静岡県

<略歴>
静岡県で生まれる。
小学生の時から学校の関係で鎌倉に住み始める。
中学卒業後、大学付属の私立高校に進学。
そのまま大学へ進学。
4年間経済を勉強した後、一般企業に就職。
就職後、現代の社会システムに疑問を感じ3ヶ月で退職。
現在はレーシングカートショップ『ガレージC』にてメカニック兼インストラクターとして働いている。

<趣味>
レーシングカート
高校2年生の時、友人の誘いを受け埼玉県にあるガレージCで活動を始める。ホームコースはサーキット秋ヶ瀬
2005年から本格的にレースに参戦するようになる。サーキット秋ヶ瀬を中心に2005年、2006年はSクラス、2007年はSSクラスに参戦。ここまで通算3勝。2006年全国大会2位。
2008年はJAF地方カート選手権東地域に参戦。茂原ツインサーキットにてタイムトライアル3位を記録。
2009年以降は各レースにスポット参戦しながら、ガレージCにてメカニックとして主に全日本選手権に帯同。
2010年現在、同チームにてコースサービス、レースサポート等を行っている。


自転車
東京都への引越しと同時に、移動手段として購入を検討し情報収集する中でクロスバイクの存在と出会い購入を決意する。愛車はBianchi RomaⅡ。ゆくゆくはロードバイクが欲しい…。

<好きなもの>
料理
大学時代のアルバイトでレストランのキッチンをやっていた経験から。ビュッフェ形式のレストランだったため、一回に作る量がハンパではない。カレーとか風呂釜みたいな鍋で仕込む。ただ閑散期はやることが本当になくなるため、途中から中華鍋で食材を焼くのではなく、中華鍋を焼くことが仕事になる。(中華鍋は焼いて汚れやすすを落とします)3年近く在籍したが、ここで出会った仲間は様々な刺激をくれた。現在ルームシェアしているルームメイトもここで出会った後輩。

演劇
高校時代に演劇部に所属していた影響。もともと全く興味のない分野だったのだが、これも友人に引き込まれそのままずるずると在籍。主に役者ではなく大道具として活動。舞台装置の企画、設計、製作を行っていた。公演準備期間中は高校生の私にとっては地獄のような日々だったが、それでも千秋楽を終えたときの達成感はなかなか味わえるものではなかった。この時に任される責任と大変さを知り、同時にそのプレッシャーが自分のパフォーマンスを上げるということに気付いた。

デザイン
大学のとある授業で工業デザイナーの存在を知り憧れた。”デザイン”という言葉からにじみ出るスタイリッシュさというか、そういうものに惹かれていたのだと思う。具体的に何か自分で創作活動を行っているわけではないが、自分で使うものに対して少し工作をしてみたり、ということはよく行っている。演劇の活動中に大道具の設計、製作を行っていたことも関係しているのかも。何かものを作るのは好き。カートで使うヘルメットや車に貼るステッカーも、市販のカッティングシートを使って作っていた。

フィンランド
言わずと知れたデザイン大国。大学卒業前に人生初海外旅行として一週間ほど単身滞在。英語もフィンランド語もほとんどできなかったので、電子辞書とか活用しながら何とか生活。しかし、言葉があまりわからない中でも彼らの国民性、国の雰囲気がなんとも言えない魅力を放っていた。必要以上に馴れ合ったり群れたりしない。でも無愛想というわけではなく、むしろとても親切。
また、国として人を信頼する姿勢が現れているようにも思えた。トラムという路面電車のようなものは勝手に乗り降りできるし、地下鉄の改札もしようと思えば素通りできる。それでも成り立っているのはフィンランド人の心に余裕があるからだろうか。私の見た限りではあきらかにイライラしている人はいなかった。こんな国に住めたらどれだけいいことか…まずは言葉を覚えないとね。


  • はじめに

All for Freeへようこそ!
このブログは企業という枠を抜け出して生きていく決断をした管理人の活動記録です。

ブログ名の由来ですが、
フリーランスという生き方から
私自身の「お金」というものに対する考え方から
の2点があげられます。
①に関しては説明不要かと思いますが、②については詳しく説明したいと思います。

そもそもこの世界に「お金」というものは必要なのでしょうか?
確かに何をするにもお金は必要です。遊ぶにしても、ビジネスをするにしても、どこにでもお金はついてきます。
しかし、近年あまりにもそれが目的化していないだろうか、という疑問を抱くのです。
お金というのは本来何かをするための手段であるべきではないでしょうか?
手段が目的化してしまい、もともとの目的を見失っているのではないでしょうか?
きれいごとかもしれません。しかしながらこのようなことをきれいごとにしているのは、まぎれもなく「お金」なのです。

ただ、現代社会においてお金を一気に抜き去るということはさすがにできかねると思います。
そしてそうすることが必ずしも正しいとは言えません。
問題は「お金」そのものにあるのではなく、それに対する人々の意識なのですから。

私は
”All for Free”どんな利害関係もない自由な立場で
”All for Free”金銭のやりとりなしでもやりたいと思う活動をしていきます。
目的を持って…


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。