All for Free

企業を退職しカート屋さんに…管理人の活動記録です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • チャレンジカップカートレース in CA

いつもはビギナー向けのレースとして開催されているチャレンジカップ。
しかし今回はガレージCの歴代チャンピオンズ、選手権ドライバーの参加するオールスターレースへと変貌を遂げました。
結果としてはやはりチャンピオン、選手権ドライバーがレース強さを見せた形でした。

こういう機会というのはなかなかないものです。
直接一緒に走ってそれを見ることで、言葉で伝える以上のものが得られるのではないかと思います。
いわゆる”百聞は一見にしかず”ということですかね。

私も僭越ながら参加させていただきました。結果は散々でした。
どんなレースでも注意力散漫でやっていてはまともに走れない、それを実感させられるものでした。
最近感じるのは基本的に集中力が足りていないということ。
何をするにしても適度な緊張というのは必要なんだなと思います。
ただ、緊張というのはストレスであり、その耐性は人それぞれ違います。
そのことを頭に入れてやっていかなければ、と感じます。

速さに自惚れて努力を怠れば必ず成長は止まります。
自分に自信を持つことは必要ですが、自惚れてはいけない。
できることには謙虚に自信を持ちそれを伸ばす努力を。
できないことはポジティブに受け入れて常に課題意識を。
  • 引退

ここ数日で2つの「引退」に関わりました。

一人は今年度JAF全日本カート選手権SuperKFクラスに参戦していて、先日の東西統一最終戦鈴鹿ラウンドを最後に現役引退を表明していた選手。
先日の鈴鹿での統一戦はメカニックとして同行させてもらいました。
TT、予選と不調が続き、決勝はリタイア。
結果だけ見れば残念なレースですが、決勝での走りは引退レースにふさわしいものだったと思います。
決勝ではスタートで大きくポジションアップし、その後もレース序盤の混戦をするすると抜け出し一時五番手まで浮上するも、接触によるタイヤバーストでリタイアを余儀なくされてしまいました。
思えば今の私があるのは彼が選手権に出始めた頃からメカニックとして呼んでもらっていたから。
選手権という自分の経験したことがない世界を見ることができ、その後の自身の参戦にもつながりました。
その後もステップアップとともに何度かサポートさせてもらい、その度にいろいろなことを勉強させてもらいました。
彼は少なくとも現場ではレースに真正面から向き合い、常に上を見ていたと思います。
その姿勢が結果を呼び、ステップアップの道を開いてきたのではないでしょうか。
最後の走りはその姿勢が出ていたものだったように感じられました。
タイヤがバーストしても最後までなんとか走りきろうとする姿からそれはにじみ出ていました。

もう一人は急な引退。
別のことをやりたいからカートはやめる、と。
SLレースで自分の弱点をまざまざと突きつけられたことが発端だったようです。
こちらの引退は納得がいかない。
なぜ今なのか、なぜカートではないのか、そういうところが曖昧すぎる気がしました。
本当に別のことがやりたいから、というのであればもちろん大いに歓迎すべきことですが、正直なところそこまでの気持ちは私には感じられませんでした。

私はこのことで仕事をやめたときのことを少し思い出しました。
採用してくれた会社をやめるというのはある意味期待を裏切る行為です。
私は「自分がやりたいことをやればいい」と思っています。
その考え自体は変わりませんが、自分がやりたいことをやることで周囲にも影響が及んでいることをちゃんと意識しなければいけないなとも思うようになりました。
会社を辞めるとき、私はその会社の様々なものを少なからず裏切りました。
それだけのことをしてまで別のことをするのであれば、裏切ったものを上回るという覚悟を持って挑まなければいけない、それだけの覚悟がないならば裏切る資格はないと思います。
「裏切る」という言葉を使うと少し誤解が生まれそうですが、他人を裏切るということだけではなく自分を裏切るという意味も含まれています。
一度は自分で決めた決断を変える。それは過去の自分に反する行為です。
それをすべてひっくるめて責任を持てることならば挑戦するべきだと思います。

幸い彼の引退レースはまだ終わっていません。
最後のレース、どんな走りを見せてくれるのか期待しています。
  • トヨタSLカートミーティング つま恋シリーズ 第7戦

行ってきました!
今回はサポートではなく、ドライバーとして出場してきました。
スプリントレースは1年3ヶ月ぶりくらいでした。さて、どうなることやら…

TT
前日から調子の良かったチームメイトとつるんで走る予定でしたが、色々うまくいかず…
前日練習の流れそのままにいまいちタイムが伸びない。ニュータイヤのグリップ感は抜群なのだが。
結果 7位/21台

予選
イン側スタートだったので、前にぴったりついていきサクサク2台かわして3番手に。
レースが落ち着いてからは前2台のペースにずるずるとはなされる展開。
終盤は4位の選手に煽られっぱなしでした。
結果 3位/21台

決勝
またしてもイン側スタート。ちなみにこれを得るために予選は必死に3位を守ってました。
ポールにくっつき1コーナーで2番手に浮上。前のペースが速いだろうと予想していたので早い段階で前に出ようと思いつつ3コーナーへ。
トップと少し距離があったかもしれませんが、ここで後手にまわってしまったのがひとつの敗因。3番手の選手にインをさされそのまま4番手の選手にも抜かれ一気に4位へ。
その後はやはりペースが上がらず前とは離される展開。逆にミスが原因で5位に転落。ペースがそれほどかわらないのでなかなかその選手との間隔が縮まらず、最後の最後、展開にも助けられてなんとか4番手を奪い返しチェッカー。
結果 4位/21台

セッティング等細かいレビューやレポートは諸事情によりここでは割愛します。
今後の課題としては、ソフト面では集中力の持続ですね。
疲れているという感覚はないのですが、時折集中力を欠きミスが出てしまいました。
もうひとつ、練習の時に感じたこと。セットの変更に対して走りの適応が遅くなっているということ。
変化を加えたときにそのカートを乗りこなすまでに以前より少し時間がかかった気がしました。

ちなみに!
ここでは告知していませんでしたが(そもそも見ている人がいるのかどうかw)
今年度のSLカートミーティング全国大会に出場することが決定しました。
今回はその準備を兼ね、出場したレースでした。
本番は11月6日、7日の全国大会です。静岡県掛川市のヤマハリゾートつま恋内のつま恋カートコースにて開催されます。
東京からは少し遠いですが、どのクラスも非常にハイレベルかつ面白い戦いが繰り広げられるものと思われます。
カートマニアの方も、そんなの見たことない方も、是非観戦においでください!
で、気が向いたら応援してくださいwヤマハエキスパートクラスに出場しています。
  • ワールドチャリティーカートカップbyルノー

10月5日、千葉県は新東京サーキットで行われた”ワールドチャリティーカートカップbyルノーに、お手伝い兼ドライバーとして参加してきました。
ルノーイベント1
イベントの内容としてはメディア向けのレンタルカートレースで、ゲストとしてプロのGTドライバーや現役のカートドライバーも参加していました。
今回は青木拓磨さんのチームで参加させてもらいました。
拓磨さんが乗るカートには、HDXでもおなじみのハンドドライブのカートをスプリント使用にしたものを使いました。

プロのドライバーの皆さんに混ざってなぜか参加!
ドライバー写真

現役F1ドライバーのペトロフも参加していました。
ペトロフ
ただ、カートに乗るのが2回目くらいらしく、少し苦戦していたようでした。
カートでストレスがたまってしまったのか、イベント終了後にルノーの乗用車でアタックしていました。
  • CAカートレース第5戦

9月19日、サーキット秋ヶ瀬にてCAカートレース第5戦が開催されました。
今回のレースでは今までなかなか調子の上がらなかった方が活躍し、これまで上位を走ってきた方が少し苦戦するレースだったように感じます。

調子が良い、とは何をもって調子が良いと言うのでしょうか。
一周のタイムが速い、安定して走れる、集団の前に出られる等、様々なことがあげられると思います。
そこに自分が一番大切にしていることが現れてくるのではないでしょうか。
私の知る限りではほぼ全ての方が一周のタイムが速いことを調子が良い、悪いの判断基準にしていると思います。
別に間違っているとは思いませんし、良い判断基準だとも思います。
しかしレースでタイムを競うのはタイムトライアルだけです。
レースで勝つために、ひとつでも前に出るために何を重視したらよいか、そこまで考えて練習ができると強くなりそうですね。

もうひとつ最近思ったのは、コースによって車のセッティングも異なるし走りも異なるのだから、ひとつのコースの中にもそれぞれのコーナーやセクションにあったセッティング、ドライビングがあるのではないかということ。
更に言えばコンディションが変わるだけでドライビングやセッティングは変わってきます。
速くなるためには、強くなるためには走りやセットの引き出しをより多く持っていて、それを感覚と同期できていることが大切なのではないでしょうか。

今回のレースでは、レース後にチーム員、スタッフ、関係者でBBQを行いました。
毎度のことですが、ガレージCというチームは常にチーム員の方々に支えられて成り立っています。
この場を借りてお礼申し上げます。いつもありがとうございます。
…あんまり見てないかもしれないですけどねw

チームとしての一体感というのもとても大切だしガレージCの強みでもあると思います。
いろんな情報がどんどん共有されていくことで、全員のレベルが上がっているのではないでしょうか。
そしていつも新しい情報があることで、カートに乗ることがマンネリ化しないのだと感じます。
上に上っていく人間は人より知識があるから上に上っていけるのではない、その知識やノウハウを自分のものにしているから速いし強いのです。
”知っている”ことを強みにするのではなく、”できる”ことを強みにしたいものです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。